コロナ禍において、リモートでの作業が重要視される時代になりました。
そしてスキルのオンライン化も急速に進んでおります。
ボイシーズアカデミーは、この度リモートでレッスンができるように、ヤマハのシンクルームを使ってレッスンを開始しました。

レッスンを開始するに際して、必要な事項をここにまとめます。

 

*シンクルームとは?

SYNCROOM(シンクルーム)とはヤマハが提供している、リアルタイムでセッションできる無料アプリです。ZOOMやLINEといった普通のアプリだと遅延が発生して、さすがにセッションは難しい…。ところが、SYNCROOMなら自宅の環境によっては、普通にセッション可能なレベルで繋がれます。SYNCROOMの動作環境はWindows、Mac、Androidです。そう、iPhoneでは現段階では利用できない状態です。

*どうやってレッスンに導入しているか?

シンクルームは「音声のみ」のシステムです。相手の顔がみれる動画はありません。そこで、ズームをつかって、シンクルームと連動させるシステムでレッスンを行っております。

考え方としては
「シンクルームのライブ配信」と考えてください。

1)シンクルームを立ち上げた状態で、ライブ配信アプリ(Zoom)をPCで立ち上げます。
2)Zoom→マイクアイコンの隣の「↑」でマイクにSYNCROOMを指定

詳しくは体験レッスンのときにお伝えいたします。