あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
今朝、こんな記事を見つけました。

***

【島田紳助が「M-1上沼騒動」を叱る 「酒飲んで審査員の悪口を言うのはオッケーやねん。ただ……」】

暴言の“被害者”として取り沙汰される上沼恵美子(63)を、M-1の審査員に招いたのは島田紳助(62)その人である。芸能界引退からおよそ7年が経つ本人が語った「気分悪い思いをさせてしまって、ホンマ申しわけないですわ」。M-1の企画者、そして初回からの大会委員長として、あえて審査員にもプレッシャーがかかるシステムを採用したと明かす。

 

なぜ上沼さんか、ですけど、やっぱり才能ありますわ。海原千里万里(せんりまり)でやってらっしゃったとき、よく劇場に勉強に行きました。上沼さんの漫才をカセットテープに録って、全部セリフを長い紙に書き出して、「こういうことなんか」と分析して「なるほど」って。勉強さしてもらいましたわ。

当時、上沼さんはまだ17歳やったから、「なんでこんな若いのに、おもしろいことできるんやろ」って。たくさんのテクニックは使ってないんです。ただ、キーがまったくぶれない。笑いって、キーなんですよ。高校生であんなんできるなんて、天才です。キーは声のオクターブの上げ下げですけど、上沼さんは、生まれながらの天才的な声のキーを持っていました。

(以下省略)

 

***

 

脱「棒読み」ですね!!

漫才師から学べる「人を惹きつける話術」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。