視線を作る。

 

涙目イメージを払拭する

 

直立不動は避ける。

 

歩き回っての講義の様子は意外に自然

 

スイッチオン、オフのタイミングで表情が変わるのはいいんですが、
そのタイミングが本番と被る→非常に印象悪い。

 

ちょっと「微笑」を含ませることでイメージが一気によくなる。
爪と指がきれい→少しでもそれを気づいてもらうことはよいことでは?

 

こうしたひとつひとつは小さな優位性もしれませんが、
実践した瞬間から変化と効果が出る系です。

 

やった分だけ、イメージアップします。

 

「目は口ほどに物を言う」
言い方変えれば、

 

緊張していたら、
目を見ればわかる。

 

つまんないんだったら、
目を見られればばれる。

 

目力を作っていく必要性と意義は大きいですよ。

(Mayumi’s Lesson)
終わりなき芸の道。目は口ほどにものを言う。