優れたプレゼンターは
なにをさせても
人の心を打つパフォーマンスができる。

 

しゃべらせても楽しい
歌わせても楽しい

 

楽しいとは
聴いている人が持つ心境

 

 

ゴールはプレゼンターとしての
スキルを身につける!

 

独りよがりのスキルではなく、
相手が喜んでくれる
相手ありきの
パフォーマンスのスキル。

 

 

ゼロからやるのには時間がかかります。

 

「モデリング」を持ちましょう。
まずは10人!

 

その人のモノマネで。
なりきって!
すでに形として、成立しているスタイルを
モデリングしていくのです。

 

10人のモノマネで歌を利用してパフォーマンスの練習していけば、
11人目のときには、オリジナルスタイルが確立されています。

こういうことを考えないで
ただ歌っていると、
その曲を歌うのが上手になるだけ。
それじゃ、守備範囲が狭すぎですね。

「発話のエキスパート」はしゃべらせても歌わせも上手い!