プレゼンターにとって必要な手法は
聞いている人たちが前のめりになるような声色。

 

いろんな声色を上手に使い分けて、
抑揚つけてどんどん伝えていく。

 

その引き出しを増やすのに効果的な練習方法は
プロの話してによる「童話の朗読」をシャドウイング。

 

ただしそのシャドウイングのやり方によって大きく成果が変わってきます。

 

ただ日本語を正しくリピートするだけでは、
AIの日本語みたいになって
面白くもなんともないです。

 

話し手のトーン、
声色の変わりっぷり、
発話のエネルギーの変化を真似するんです。
スピードの確認

 

こうしたデータを
耳からインプットしてアーカイブ化していく。

 

そうすることで、
いざ人前でプレゼンするときに
そうした武器が役に立ちます。

プレゼン上手になる話し方アップの練習のコツ