第1章はまずは歌い手として、
様々なジャンルの歌を歌いましたね。
クラシック、ポップス、ジャズ。

そして人前で歌って、
ボーカリストとしての自分のデビュー。

そして第2章。
それは、声質の確立。
歌い出しの声を聞いただけで、
すぐにわかるような、
際立った、個性的な声質を見出す。
オリジナルミックスの声質を模索して、
そしてそれを定める。

次に第3章。
それは歌うメロディーを崩していく。
崩し方は2つ。
音を「予定調和内」で変えて歌う。

え?どの音で歌えばいいの?
それを決めるのがオリジナリティ!

あとはリズムを崩す。
揺らす感じ。
ずらす感じ。
シンコペーション。

いろいろ試してみましょう。

試していく中で、
自分が得意な技が
見出せてきます。

あれもこれも!
とならずに、ひとつかふたつ!
オリジナリティーはそんなに数多くあるものではないです。

ボーカリストの進化、3ステップ!