Naoki
*声と表情、同時に作っていってください。イメージは作るもの。作らなかったら、デフォルトイメージを発信してしまうだけ。

*発声には「的がある」と思ってください。針の穴に声を通すイメージ。目をつぶっていたら、それは達成できないはず。声がスプレッドしちゃう。フォーカス!

shizuko
発話のダイナミクスがとても小さい。

*まずは「発話すること」が楽しい!と思ってほしいです。

*「歌が上手かろうが下手だろうが関係ない!私はただただ歌うことが好きなの!」「英語の発音?そんなの関係ないわ。とにかく英語を話して、外国人とコミュニケーションがとれればそれでいいの!」みたいな、とにかく「発話することが楽しい!」という土俵にまずは自分を持っていってほしいんです。

*今は「声を出すことがつまんない」と思っている姿が明白なんです。

*人が見ていて「楽しそう!」と思われるような発話スタイルを「演出」するんです。演出とは「エネルギーを発動」させることなの。ぼ〜っとしていて自然に出てくるものじゃないんです。発動させるんです。

*発動して欲しいエネルギーは、ただ単に「声を大きくする」といったものではない。じゃ、なにか?クリスタルボウルの技で見せたように「技」を使って「倍音を増幅させること」

こういう世界観をイメージ抱いて発話してください。

穏やかな微笑み
目線が遠く
姿勢がいい


90秒瞬きをしない、これはすでに自然体じゃないんです。

「自然体」からは、なにも生まれません。

わずかな優位性をも味方につける!その意識が大切

まずは声を出すときの「心構え」から!

情報の収集能力(これが耳) ◉
情報の解析能力 ◉
情報の発信能力(発話という観点から)▲

イメージは作るもの。声も表情も作るもの。作らなければデフォルトイメージのまま。