*しっかりと支えのある声を出す!という前提条件のもので、キーを模索して設定していくわけです。細い声を出している状態でストライクゾーンのキーを探せるものではないです。

*狙いを定めて声を放つ!

*高いから低く歌う。低いから高く歌う。これだけ繰り返していると、歌にふりまわされちゃいます。そうじゃなくて、しっかりと自分の声域にあったプランを立てて、ブロックで考える。どこをオクターブ下げて歌うか?

無指向性ではなく「指向性」のある声の飛ばし方。