【人は怒りを捏造する】
S
昨日の午後喫茶店で本を読んでいた時、通りかかったウェイターが私の上着にコー ヒーをこぼしてしまいました。カットなった私は、思わず大声で怒鳴りました。し かし、昨日ばかりは店中に響くほどの大声で怒鳴り散らしてしまいました。怒りに 駆られ我を忘れてしまったわけです。さあどうです、ここにも目的とやらが入り込 む余地はありますか?これはどう考えても原因ありきの行動でしょう。 

T
つまり、あなたは怒りの感情に突き動かされて怒鳴ってしまった。普段は温厚な性 格なのに、怒りの感情にこうすることができなかった。自分にはどうすることもで きない不可抗力だったとおっしゃるわけですね? 

S
ええ、あまりにも突発的な出来事でしたのでね。考えるより先に声が出てしまったのです。

T
では仮に、昨日のあなたが偶然刃物を持っていてたとして、カットなったはずみに 相手を刺してしまっていたとします。その場合も、「自分にはどうすることもでき なかった、これは不可抗力なのだ」と弁明できますか? 

S
そ、それは極論です!

T
極論ではありません。あなたの理屈を突き進めると、怒りに駆られた反応は全てが 「怒り」のせいであって当人の責任ではなくなってしまいます。何しろ、人は感情 には逆らうことができないとおっしゃるのですから。 

S
じゃあ、先生は私の怒りをどう説明するおつもりです?

T
簡単です。あなたは「怒りに駆られて大声を出した」のではない。一重に「大声を 出すために怒った」のです。つまり大声を出すという目的を叶えるために、怒りの 感情を作り上げたのです。 

S
なんですって? 

T
あなたには、大声を出すという目的が先にあった。すなわち、大声を出すことに よって、ミスを犯したウェイターを屈服させ、自分の言うことを聞かせたかった。 その手段として怒りという感情を捏造したのです。 

S
捏造した?冗談じゃありません!

T
では、どうして大声をあげたのですか? 

S
だからそれはカッとしたからですよ。

T
違います。わざわざ大声を出さなくても、言葉で説明すればウェイターも丁重にお 詫びをしたでしょうし、きれいな付近で拭き取るなど然るべき措置もとったはずで す。あるいは、クリーニングの手配さえしてくれていたかもしれない。しかもあな たは、彼がそうするであろうことも心のどこかで予期していた。 

にもかかわらずあなたは大声をあげたのです。言葉で説明する手段を面倒に感じ、 無抵抗な相手をより安直な手段で屈服させようとした。その道具として、怒りの感 情を使ったわけです。 

S
。。。いや騙されません、私は絶対騙されませんよ。相手を屈服させるために、怒りの感情をこしらえた?断言しますが、そんなことを考える余裕は1秒たりともありませんでした。私は、考えを巡らせてから怒ったのではありません。怒りとは、 もっと突発的な感情です。

T
そう、怒りは一瞬の感情です。こんな話があります。ある時母親と娘が大声をあげ て口論していたそうです。すると突然電話のベルが鳴りました。「もしもし?」慌 てて受話器をとった母親の声には、少し怒りがこもっています。ところが電話の主 は、娘が通う学校の担任教師でした。そうと気づいた瞬間母親の声色は丁寧なもの に変化します。そのままよそ行きの声で5分ほど会話をし、受話器をおきました。 と同時に、再び血相を変えて娘に怒鳴り始めたのです。 

S
別に、よくある話でしょう?

T
わかりませんか?つまり怒りとは出し入れ可能な道具なのです。この母親は、怒り を抑えきれずに怒鳴っっているのではありません。ただ大声で威圧するために、そ れによって自分の主張を押し通すために、怒りの感情を使っているのです。 

S
怒りは目的を達成するための手段だと?


T
目的論とはそういうことです。

S
引き篭もった友人の話にしろ、全ての洞察が人間への不信感に満ち満ちている! 

要するに先生は、人間の感情を否定されているわけです。感情など道具に過ぎな い、目的を達成するための手段にすぎないのだと、と。しかし、いいですか先生。 感情を否定すること、それは我々の人間性も否定しようとする議論です!我々は感 情があり、喜怒哀楽に揺さぶられるからこそ、人間なのです!もしも感情を否定さ れるのなら人間はできそこないの機械になってしまう。 

T
私は感情の存在を否定しているわけではありません。誰にでも感情はあります。当 たり前のことです。しかし、もし人は感情に逆らえない存在であるとおっしゃるな ら、そこは明確に否定します。我々は、感情に支配されたり、さらには過去に支配 されて動くのではありません。

S
感情に支配されず、過去にも支配されない? 

T
例えばある人の過去に両親の離婚という出来事があったとしましょう。これは、客観の話ですよね?一方その出来事を冷たいと感じるか、暖かいと感じるかは「今」 の、そして「主観」の話です。過去にどんなことがあったとしても、そこにどんな 意味づけを施すかによって、現在のあり方は決まってくるわけです。 

S
問題は何があったかではなく、どう解釈したかであると?

T
まさに。我々は、過去に遡ることはできません。もしあなたが原因論の住人なら、 過去に縛られたまま、この先ずっと幸せになることもできなくなってしまいます。 

S
そうですよ!過去話変えられないからこそ、この生は苦しいのです! 

T
苦しいだけではありません。過去が全てを決定し、過去が変えられないのであれ ば、今日を生きる我々は人生に対してなんら有効な手立てを打てなくなってしま う。その結果どうなりますか?世界に絶望し、人生を諦めるような結果に行き着く ことになるでしょう。トラウマの議論に代表される原因論とは、形を変えた決定論 であり、本質的な価値観などないという考え方の入り口なのです。 

あなたはそんな価値観をお認めになりますか?

S
そりゃあ、私だって認めたくありません。認めたくはありませんが、過去の力は強いですよ。

T
可能性を考えるのです。もしも人間が変われる存在だとするなら、原因論に基づく 価値観などありえず、自ずと目的論に立脚せざるをえないと。 

S
あくまでも、人は変われるを前提に考えろとおっしゃるのですね。

T
もちろんです。我々の自由意志を否定し人間を機械であるかのようにみなしている のは、むしろ原因論なのだと理解してください。 

S
わかりました。では別の友人の話をしましょう。私の友人にいつも明るくて、初対 面の誰とでも屈託なく話せるYという男がいます。みんなから愛され、周囲の人々を 一瞬で笑顔にしてしまう、ひまわりのような人間です。一方、私はどうにも人付き 合いが苦手ですし、色々と屈折したところがある人間です。さて、先生はアドラー の目的論によって、「人は変われる」とおっしゃるのですね? 

T
ええ。私もあなたも、人は誰でも変わることができます。 

S
では先生私はYのような人間になれるとお考えですか?無論私はYのようになりたい と、心から願っているのですが。 

T
この段階で申し上げるとするならば、およそ無理な相談でしょう。 

残念ながらあなたは、アドラー心理学をほとんど理解されていない。変わることの 第一歩は知ることにあります。 

S
だったら、アドラー心理学のなんたらを理解しさえすれば私もYのような人間にな れると? 

T
なぜそう答えを急ぐのですか?答えとは誰かに教えてもらうのではなく、自らの手 で導き出していくものです。他者から与えられた答えは所詮対処療法にすぎず、な んの価値もありません。 

私は、対話を通じて答えを導き出していく、その貴重なプロセスを奪いたくないの です。 

T
あなたはYさんのようにもっと明るい人間になりたいわけですね? 

S
しかし先生は、無理な相談だと一蹴された。まあ、これは実際その通りでしょう。 あんな人間になれっこないことくらい、自分でも分かっっています。 それが性格の違い、もっと言えば気質の違いだからです。 

T
そもそもあなたはなぜYさんのような人間になりたいと思うのですか?Yさんであ れ、あなたは別人になりたがっているわけです。その「目的」とはなんでしょう か? 

S
また目的の話ですか。私はYのことが好きだし、もし彼のようになれたら幸せだと 思うからですよ。 

T
彼のようになれたら幸せだと思う。ということはつまりあなたは幸せではないということですね?

T
あなたは今、幸せを実感できずにいる。なぜなら、自分を愛することをできていな い。そして自分を愛することの手段として、「別人への生まれ変わり」を望んでい る。違いますか? 

S
。。。ええ!その通りですよ!認めましょう、私は自分が嫌いです!

先生はいかがです?自分のことがお好きですか?

T
少なくとも別人にはなりたいと思いませんし、自分がこの私であることを受け入れています。

S
自分がこの私であることを?

T
いいですか、どれほどYさんいなりたくても、Yさんとして生まれ変わることはでき ません。あなたはYさんではない、あなたはあなた出逢っていいのです。 

しかし、このままのあなたであっていいのかというと、それは違いますね。もしも幸せを実感できないのであればこのままでいいはずがない。立ち止まることなく一歩前に進み出さないといけません。

再びアドラーの言葉を引用しましょう。彼は言います、「大切なのは何が与えられ ているのかではなく、与えられているものをどう使うかである」と。あなたがYさん なり、他の誰かになりたがっているのは、一重に「何が与えられているか」に注目 しているからです。そうではなく「与えられているものをどう使うか」に注目する のです。 

03/19「人は怒りを捏造する」