まず、喉の不調というと、

「粘膜の炎症」が主な原因となります。

 

もちろん声帯自体が損傷している等、

他の原因もありますが、とりあえずは解りやすく話を進めるために

 

「粘膜の炎症」

 

という切り口からスタートします。

 

 

 

粘膜の炎症はなぜ起きるか?

 

それは、

ウィルスの入り口となる「鼻・口」

 

すなわち、

鼻や喉の「粘膜」が弱い状態になっているところにウィルスが付着すると

それによって粘膜が炎症を起こす。

 

 

そして

 

喉の痛み
鼻水・鼻づまり
発熱
せき
関節痛

など、様々な体調の不良を起こすわけです。

 

 

それがいわゆる

「かぜ症候群」

と言われるものですね。

 

そして、そうした症状を和らげるのが
「風邪薬」

 

 

でも「風邪薬」は、
そもそもの根源である、
鼻や喉の弱い粘膜を
強くしてくれるわけではないのです。

 

ただ、辛い症状を和らげてくれるだけ。。。

 

 

ウィルスか。。なんとか侵入を食い止めねば。

マスク。。。有効でしょうけどね。

 

そもそも

呼吸をしている限り
ウィルスの侵入は防げないわけで、、、

鼻と喉の粘膜が弱いと、ウィルスはそこに炎症を起こしてしまう。

そして、風邪の症状を引き起こすわけです。

 

コロナ禍で、ウィルス侵入対策に関してかなり意識は向上していますよね。

 

でも、

 

 

「かぜ自体をひかないようにする薬はない」

とよく言われるのはこういうことですね。

 

 

 

「かぜ症候群」となるウィルスには多くの種類があり、
季節ごとに流行する種類が異なりますが、

 

その多くは1週間以内の経過で治癒していきます。

 

すなわち、

 

1週間以上かぜ症状が続く場合、
かぜ症候群以外の原因を考える必要があります。

 

 

原因としてあげられるのは

 

*アレルギー性鼻炎
*急性副鼻腔炎(いわゆる蓄膿症)
*急性扁桃炎
*上咽頭炎
*咽頭炎

 

などが挙げられます。

 

 

そのなかでも特に

上咽頭炎

に注目してほしいんです。

 

 

なぜなら、

上咽頭炎になるとこんなにこんなにも体の不調が現れるのです。

 

 

*度々喉が痛くなる(喉が弱い)
*鼻の奥の違和感、乾燥感
*咳がからみやすい、咳払いが多い
*喉の違和感、つまった感じ
*声が出しにくい
*喉の不調に伴う首のこり、肩こり

 

 

 

こんな症状は上咽頭炎が関係している可能性があります。

 

こんな本も出版されているくらいです。

 

 

 

 

 

上咽頭炎も風邪と同様、
症状を和らげて楽にする薬はあれども、
本来の根源を投薬によって治すことはできないのです。

 

 

わかりやすく言うと、
抗生物質を飲んだからと言って、上咽頭炎が治るわけではない。
ということですね。

 

 

じゃ、どうしたらいいの?

 

 

鼻と喉の粘膜の状態を改善する強力な療法があります。

それは

 

Bスポット療法

 

という療法です。実はこの療法はとても「クセ」がある療法で、

この療法をやってくれる医者は全国で数か所しかありません。

 

(このBスポット療法に関しては詳しく別のブログで書きます)

 

 

そしてもう一つできることは

鼻うがい。

 

鼻腔から水を通して、口からその水を流しだす。

これをすることによって、粘膜の状態を常に清潔に維持できるのです!

そう、粘膜に付着したウィルスを流しだすことができるのです。

粘膜に付着している時間が短ければ短いほと有効なわけです。

 

そう、普通のうがいも、実は本当に馬鹿にしちゃいけないんです。

有効なんですよ~。

 

 

あと、やはり

喉と鼻の粘膜を強くするための、

体質改善しかない!

 

それには時間を味方にして、長期戦。

副作用がない

漢方薬でチャレンジしましょう!

 

荊芥連翹湯がとても効きます。

 

 

これからは、喉の不調を感じた時は

 

上咽頭炎
 

という病名を覚えておいてください!

 

そうして、喉の状態を良いコンディションにする意識を高めてみましょう!

 

 

 

 

 

 

 

*参考記事
■風邪症候群とアレルギー性鼻炎は区別しよう。